1月の誕生石について

1月の誕生石であるガーネットは、紅蓮の炎を連想させる綺麗に澄んだ赤色をしています。
他にも黒色のものや、紫色のものもあります。
石榴石(ざくろいし)というマグネシウムなどを含む鉱物の中で、綺麗なものが宝石のガーネットとして用いられるそうです。
石榴石の原産地としては、インドやブラジル、スリランカなどが挙げられます。ガーネットは水や紫外線に強いので、手入れなども簡単です。

ガーネットは『実りの象徴』とされており、地道な努力を成功に導いてくれると言われています。
同時に、持ち主の忍耐力を向上させ、精神力と勇気を与えるとも言われています。
さらに、これらの効果ゆえ、恋の成就にもガーネットが一役買ってくれると言われています。

また、血行を良くし、体内にたまった老廃物を排出させるという肉体的なヒーリング効果、不安の解消やマイナスエネルギーから身を守ってくれるといった精神的なヒーリング効果を有しています。
忍耐力や精神力を必要とする受験生や就活生、そして恋に悩む者たちは、ガーネットをアクセサリーとして身に着けるのが良いでしょう。
もちろん、1月生まれでなくても問題ありません。
きっと肩の荷がおりたように気持ちに余裕ができ、落ち着いて目標に向かって突き進んでいくことができるでしょう。

歴史的に見ても、ガーネットは『神聖な石』として崇められていたそうです。
例えば、古代エジプトではガーネットは強い力を宿した護符として用いられ、中世ヨーロッパでは王家の紋章として敬われてきました。
また、中世ヨーロッパの兵士たちが戦場に行くときにも、ガーネットを身に着けていたそうです。
長い歴史の中でも、ガーネットは権力のあるところで力を有すものとして崇められてきていたのです。

1月の誕生石として有名なガーネットですが、調べてみるといろいろなことがわかります。
上記で記したこと以外にも、ガーネットはさまざまないわれや効果を有しています。
宝石に興味のある方は、ぜひ一度ガーネットを手に取ってみてください。