2月の誕生石アメジストについて

2月の誕生石アメジストは純粋な紫色をしており、見る人をその紫色に引き込みます。
日本では紫水晶と呼ばれます。
アメジストの主要な原産地は南米のブラジルとウルグアイです。
また、日本でも『加賀紫』と呼ばれる非常に良質なアメジストが産出されたそうです。

アメジストは太陽光に当てすぎると退色してしまうので、取り扱いには注意が必要です。
アメジストは『愛の守護石』と言われており、真実の愛を守ってくれるパワーがあるとされています。
つまり、恋愛成就に貢献してくれるパワーストーンなのです。
また、ストレスからくる疲れを癒し、そして安らぎを与えてくれるという、スピリチュアル性の強い石としても知られています。
そして、インスピレーションを高め、同時に直観力を高める効果も有しています。

ヒーリング効果としては、精神の安定や問題解決の手助け、知性と洞察力の向上などが挙げられます。
まとめると、恋愛に悩んでいる人や日々のストレスや疲れにさいなまれている人、そして創造的な仕事に従事している人は、アメジストを身につけておくと良いでしょう。
他にも、血液の浄化や解毒作用など体内から害のあるものを排泄する働きがあり、皮膚病や不眠症の治療などに用いられることもあったそうです。

ギリシャ神話の世界ではこんないわれがあります。
酒の神バッカスが、これから最初に出会った人を猛獣に襲わせようとしていたとき、その最初に出会った人が月の女神の女官であるアメジストでした。
今にもアメジストが襲われるという矢先に、月の女神がアメジストを純白の水晶に変えたのです。
そして、酔いの醒めたバッカスは自分の罪を反省し、アメジストが変わった水晶にぶどう酒を注ぎました。
そうするとたちまち、水晶は紫色に染まり、宝石のアメジストになったと言われています。

現在でも、アメジストを持っていると二日酔いにならないという人がいるそうです。
2月の誕生石であるアメジストにも、いろいろな力や効果がありました。
アメジストが気になるという方は、ぜひ一度お手に触れてみてください。